杉野脳神経外科病院ページ一覧

  病院案内 ご利用案内 診療科紹介 採用情報
  当院について 診療時間受付について 脳神経外科 採用情報
  当院の特徴 外来担当医表 循環器内科  
設備について 検査について 内科 お問合せ
アクセスマップ 入院食のご案内 外科 お問合せ
  お薬について 整形外科
  心臓血管外科
  リハビリテーション科

こんな症状の時は?症状別Q&A(脳外科的症状・循環器科的症状)

脳神経外科的症状とは? 循環器科的症状とは?
頭痛 胸や背中が痛い
手足のしびれ・力が入らない 息切れがする・呼吸困難になる
当首・腰が痛い 動悸がする
めまい 足がはれる・顔のむくみがある
耳鳴り 失神発作・ふらつく
視力が徐々に低下 歩くと足がだるくなる・痛くなる
顔がピクピクしたり痛い・口角からよだれが出る だるい・疲れやすい
けいれん発作(てんかん) チアノーゼ(口唇・爪が紫色になる)
認知症(痴呆) 痰・血痰
頭部打撲
当ホームページを閲覧することによって、いかなる疾病の診断・治療を行うものではありません。
よって、当ホームページは閲覧者に対し、明示あるいはその他の表示方法においても一切の責任を負うものではありません。また、掲載内容の無断転載を禁じます。

生活指導について

がん・心臓病・脳卒中はわが国における3大成人病です。これらの病気は毎日の食事・喫煙・飲酒・運動・休養 などの生活習慣が大きく影響することが明らかになってきました。このことから生活習慣病と呼ばれるようなり ました。

生活習慣病予防のポイント

/生活の改善

・栄養バランスの良い食事をとる。(1日30品目を目標にバランスよく摂取)
・1日3食を規則正しくとる。(間食を控え、まとめ食いは避ける)
・カロリーの摂りすぎに注意
・味付けの濃い食事は塩分を多く含み、高血圧などの原因となります。
薄味の食事を心掛けましょう。

△酒はほどほどに

・お酒は百薬の長と言われ、適量だと動脈硬化を抑制するなど良いといわれています。
・しかし、適量を超えると肝臓病・糖尿病・高血圧など体へ様々な影響があります。
・お酒の適量とは

清 酒 1合 180ml
ビール 中瓶1本 500ml
ウイスキー・ブランデー 60ml
ワイン 240ml
焼 酎 90ml

できれば禁煙

たばこは、がん・心筋梗塞・狭心症・高血圧・脳卒中・慢性気管支炎・胃潰瘍などの疾患と関連があり、たばこ を吸わない人と比較すると発症の危険度が増します。また、若い女性では不妊や流・早産の原因となることもあり 、妊婦の喫煙は胎児にさまざまな影響を与えるとも言われています

と酲予防と運動

・肥満度の測定はBMI指標が用いられます。
BMI=体重(圈÷身長()

やせ過ぎ やせ気味 正常体重 やや肥満 肥 満
B M I 17.6未満 17.6以上20未満 20以上24未満 24以上26.5未満 26.5以上

測定例:170cmで体重が70圓両豺隋■贈唯匹24.2になります。
BMIが25を超えたら要注意!
BMIが高くなると、高脂血症・高血圧・糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなるといわれています。
・適度な運動を心がけましょう
運動の効果
・肥満の予防、改善に有効
・心肺機能の保持増進により高血圧・脳卒中・動脈硬化・心臓病・糖尿病などの予防
・ストレス解消、体力増進

サ戞〕
休養は肉体的・精神的疲労を回復し、リフレッシュするために必要です。
・スポーツや適度な運動、入浴でストレスを解消しましょう。
・睡眠を十分とりましょう。
・レクリエーション活動やボランティア・趣味などで多くの人と交流を深めましょう。
・趣味(楽しみ)や生きがいを見つけましょう。

全国健康保険協会

生活習慣病の予防・改善・病気についてわかりやすく解説してあります。

増えている生活習慣病

生活習慣の改善 

・生活習慣病予防と食生活
・生活習慣病予防と運動
・暮らしの中でリラックス(ストレス解消)
・喫煙と健康
・アルコールと健康 

病気の知識

生活習慣病の病気についてわかりやすく解説。
あなたの健康百科

生活習慣病についてわかりやすく解説してあります。

杉野脳神経外科
ホームへ
病院案内
ご利用案内
診療科目紹介
脳神経外科
循環器内科
整形外科
心臓血管外科
リハビリテーション科
内科
外科
症状別Q&A
お知らせ
採用情報
お問合せ
リンク集

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS
アクセス